出水麻衣アナ、不倫NHKアナ仮名報道に過去2度の路上キス「ボカしてほしかった」と不満

TBSアナウンサーの出水麻衣(1984年2月11日32歳)が、
NHKアナウンサー同士の不倫報道に不満を漏らした。

2日、出水はラジオ番組「ナイツのちゃきちゃき大放送」で、
1日発売の「写真週刊誌フライデー」がNHKアナウンサー同士の不倫を報道した件について、
NHKアナウンサーの顔にモザイクが入り、名前は仮名で報じられていたことを指摘した。

その報道ではNHKの平日情報生番組でキャスターを務めている
30代の男性アナウンサーと20代の女性アナウンサーが、
車内で淫らな行為を行っている最中の写真を激写されている。

出水も「写真週刊誌フライデー」に、
2010年に一般男性と”路上キス”をしている熱愛スキャンダルを取り上げられ、
昨年2015年にも別の男性と"何度も路上キス”をしている熱愛スクープを実名報道された。

そういった過去がある出水アナだからこそ、
尚更納得がいかない様子で「私もボカしてほしかった」と不満を募らせたのだろう。

出水麻衣アナウンサーは熱愛報道以降、テレビの出演本数が減少したが、
現在、世界・ふしぎ発見(毎週土曜21:00~)二代目アシスタントとして出演中。




この記事へのコメント